本文へ移動

安全への取り組み

令和3年運輸安全マネジメントの取組

 
★わが社の事故防止運輸安全方針    輸送の安全はわが社の根幹
  法令順守、基本作業の徹底に努め輸送の安全を確立
  自己管理 健康管理の充実
 
★運輸安全方針の目標と目標達成のための具体的な計画

   目標
   「重大事故0件」  「飲酒運転0件」
  計画
   乗務前後の対面点呼時に安全指導、健康状況確認、最新の事故情報の伝達を行う
   適性診断の結果を考慮した個別指導と健康状況を考慮した指導をする
   労使相互での事故防止委員会を開催、個別事故事案を分析検討し再発防止する

★社内での安全に関する情報交換の充実
毎朝のグループ別ミーティングで最新の情報提供を行う
   隔月の事故防止委員会での情報交換を行う
   談論風発 四半期ごとの班長会議で情報交換を行う
   安全方針、輸送の安全目標及び達成状況を本社、営業所に掲示し通知する

★問題確認と改善手法
個別指導の実施と研修会参加により改善を図る
   経験の浅いドライバーと高齢者ドライバーに安全意識の高揚を図る
   全体朝礼で月別安全スローガンの唱和をする

★わが社の運輸安全方針に関する目標達成状況
   令和2年結果:事故0件 目標達成!

★わが社の自動車事故報告規則 第2条に規定する事故に関する情報
    令和2年 0件

事業用自動車総合安全プラン2025 [計画期間:令和3~7年度] の取組

~安全トライアングルの定着と新たな日常における安全確保~
【重点施策】
1.「新たな日常」における安全・安心な輸送サービスの実現
  ・新型コロナウィルス感染症拡大に伴う運送労働環境の変化と附帯作業の増加への対応
  ・激甚化・頻発化する災害への対応 等

2.抜本的対策による飲酒運転、迷惑運転等悪質な法令違反の根絶
  ・飲酒運転事故件数の近年の下げ止まりへの対応
  ・社会的関心の高まる「あおり運転」への対応 等

3.ICT、自動運転等新技術の開発・普及促進
  ・ICTを活用した高度な運行管理の実現
  ・無人自動運転サービスに向けた安全確保 等

4.超高齢化社会におけるユニバーサルサービス連携強化を踏まえた事故の防止対策
  ・依然として多発する乗合バスの車内事故への対応
  ・高齢運転者事故への対応 等

5.原因分析に基づく事故防止対策の立案と関係者の連携による安全体質の強化
  ・各業態の特徴的な事故への対応
  ・健康に起因する事故の増加への対応 等

6.道路交通環境の改善
  ・高速道路から生活道路に至る道路ネットワークを体系的に整備し、道路の適切な機能分化を推進する等

株式会社小松商事
〒998-0005
山形県酒田市宮海字新林572-19
TEL.0234-34-7341
FAX.0234-33-1915

──────────────
一般貨物自動車運送事業、
倉庫業
──────────────
グリーン経営認証取得 
Gマーク取得(
本社,藤島営業所)

0
0
9
3
8
5
TOPへ戻る